「 本 」一覧

【本】あおば鰹

【本】あおば鰹

和田はつ子「あおば鰹」 初鰹で賑わっている日本橋・塩梅屋に、頭巾を被った上品な老爺がやってきた。先代に“医者殺し”(鰹のあら炊き)を食...

【本】科学者とあたま

【本】科学者とあたま

寺田寅彦「科学者とあたま」 科学的精神と芸術的センスが融合した珠玉の随筆を生んだ寺田寅彦。科学者は頭が悪くなければならないと唱える...

【本】かがやく月の宮

【本】かがやく月の宮

宇月原晴明「かがやく月の宮」 かの有名な竹から産まれたという逸話も、五人の公達の尋常ならざる貢物も、すべて竹取翁の仕掛けた罠だった――...

【本】すずしろ日記

【本】すずしろ日記

山口晃「すずしろ日記」 月に1度の楽しみがついにまとめて読める。東京大学出版会PR誌『UP』に好評連載中の「UP版すゞしろ日記」の第1...

【本】竜の雨降る探偵社

【本】竜の雨降る探偵社

三木笙子「竜の雨降る探偵社」 「探偵というのは、品のない商売だね。人が隠したがっていることをわざわざ暴き立てるんだから」 「雨天...

【本】半席

【本】半席

青山文平「半席」 若き徒目付の片岡直人に振られたのは、腑に落ちぬ事件にひそむ「真の動機」を探り当てることだった。精勤していた老年の侍が...

スポンサーリンク
広告レクタングル(大)
広告レクタングル(大)